Top > クリスマスケーキについて

クリスマスケーキについて


【ネット限定】クリスマスケーキxマス クーベルチョコシフォン【クリスマス特集2008】【お買い...

 

クリスマスケーキはイエス・キリストの誕生日祝うために作られてもので、今では世界中でクリスマスケーキが食べられるようになっています。

日本でのクリスマスケーキは、丸いスポンジケーキに白い生クリームを塗り、赤いイチゴがのったケーキが定番です。しかしこの形のケーキが主流なのは日本とアメリカだけだと言うことを知っていましたか。クリスマスケーキは国によって違いがあるのです。

クリスマスケーキの始まりはフランスのブッシュ・ド・ノエルと呼ばれるケーキです。ブッシュ・ド・ノエルは、ロールケーキにココアクリームやチョコレートクリームを塗り、丸太のような模様をつけたケーキです。クリスマスの薪という意味を持つケーキはクリスマスケーキの中でも代表的なケーキです。

イギリスではフルーツやナッツをたくさん使用したプラム・プティング、イタリアではドライフルーツを生地に練り込んだケーキ、ドイツではパンに近い感じのシュトーレンと呼ばれるケーキがクリスマスケーキとして食べられています。

クリスマスの由来は同じでもクリスマスケーキはその国によってさまざまです。いつもの定番クリスマスケーキも良いですが、いろんな国のクリスマスケーキを試して楽しいクリスマスを過ごしてみるのもいいでしょう。

 

 キャンピングカー  DIY  結婚式費用  簡単リバウンドなし!骨盤ダイエット
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
クリスマスケーキ講習会(2009年7月30日)
クリスマスケーキのレシピ(2009年7月30日)
クリスマスケーキの予約(2009年7月30日)
クリスマスケーキについて(2009年7月30日)